病院へのアクセス

医療機関というのは色々な人が利用するものです。ですので比較的アクセスがいいところにあります。駅から歩いていけたり、そうでなくて
も電車やバスで直通のものがあったり、病院へ行く専用のバスもあったりするのでとても便利です。個人医院の場合も、いわゆる客商売であり患者さんに来てもらわなくては仕事にもならないし稼ぐことも出来ないので立地条件はいいところにあることがほとんどです。住宅地の中にあればその付近に住んでいる人たちをターゲットにしていたり、駅前にあれば駅を利用する人たちを、それでさらに開院時間も夜遅かったりすると駅を利用するサラリーマンやOLをターゲットにしているのだな、と考えられるし、保育園や幼稚園などの近くにある小児科や内科などが一緒になっているところを見れば子どもやその親など家族ぐるみで利用出来るというのがアピールポイントなんだな、とも思えます。とくに小児科は、親が子どもを連れて訪れることが想定されます。大人一人ではなく子どもを連れていると移動がたいへんです。ましてや病気の子どもとなると、普段は歩ける子であってもその時は抱きかかえていなくてはいけなかったりして、親の負担は相当なものになります。ですので、小児科はとくに、交通アクセスの良さが求められるのです。また、病院はなんとなく潰れたりしないイメージもありますが、個人医院などは患者が訪れなければ立ちいかなくなってしまうので経営出来ない状態にもなります。ですので医師の腕がいいことはもちろん、アクセスがよかったりなどの条件も揃っているほうが有利なのです。医療を施すためにまず必要なのは時間です。怪我をしても、病気が発症してもとにかくなるべく早く医師などしかるべき人に見せて判断をあおったり処置をしたりすることが求められます。そう考えた時に、病院のアクセスがいいことは重視される点になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です