医療業界の問題点

大昔から現代まで、医療は発展し続けてきました。特に現代の医療の進歩はすさまじく、より高度化しています。これからも医療技術はとどまることなく発展していき、私達を助けてくれるでしょう。しかし、一方でこれだけ技術が進んでも問題点というのもあります。まずは、医師や看護師の慢性的な不足です。医療現場では電子カルテを始め、医療機器の質も向上しています。ですがそれを扱う人間がいなければ意味がありません。医師や看護師が不足しているので1人あたりの労働量が多く、それがかなりの負担となっています。人の命に関わる仕事なので精神的にも負担がかかるし、夜勤があったり日中もとても忙しいので体力的にもタフでなければ務まりません。生活リズムが不規則になることで体調を悪くしたり、過労によってときには過労死の危険性もあります。そうした現場で働くことは当然辛いので、人がやめていってしまいまた人が減って、と悪循環になっているのです。看護師から別の職種へ転職しようと考える人がいるのだと思うのですが、せっかく志した道なのですから、どうにかして苦境を乗り越えて、キャリアアップをめざしてみてはと思います。病院の中には、専門看護師や認定看護師の資格取得を支援しているところもあります。そういった資格取得支援のある病院に転職して看護師のキャリアアップを図ってもいいのではないかと思います。なかでも注目したい資格の一つに、小児看護専門看護師があります。子どもが好きで子どもと接する職場にいたいと思う女性は多いでしょう。その気持ちを看護師としてのキャリア形成につなげてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です